皮膚科のわきが治療について

皮膚科のわきが治療について
わきがは腋臭とも呼ばれ、脇などから強烈な臭いを出すため、悩まれている方も多く、根本的な対策や治療法は手術を行わないと解決しないといわれています。
わきがは脇の皮膚にあるアポクリン線からの分泌液がエクリン線から出た汗と混ざり合い、皮膚にいる常在菌によって分解され、独特の臭いを発してしまいます。
わきがには親からの遺伝も関係していたり、アポクリン線の密度が高いなどの原因があります。
軽度のわきがの場合は美容皮膚科で脱毛レーザーによって毛穴ごと破壊する事で症状を緩和するのですが、多汗症の方には効果が落ちるなどの、治療としての限界があります。
その他にメスを使って治療をする方法があるのですが手術をした後の治療期間が長くなったり、傷口が残ってしまうなどのデメリットがあるのですが、保険対象となるケースがありますので、効果やコストなどを考えると皮膚科などの病院を選択することも良いです。
また汗をかきやすい時期には脇を清潔に保つことによって、臭いを軽減できます。